諦めなくてよかった恋です

“私はアラサーになりもう恋愛、恋とかそんな年じゃないのかなって思いながらも彼氏はやっぱり欲しいなって思って頑張っていました。
恋愛自体が多分私は好きなんだと思うのですが恋愛をしているときはいろんなことに頑張れて自分磨きも一生懸命でした。
そんな時にとあるパーティーで一目見ていいなって思う人がいました。一目惚れほどではないけれど仲良くしたいなってふと思える人だったのです。
流れでその人と連絡先を交換することができたのですが、その日の夜になっても彼から連絡はありませんでした。向こうも気にかけてくれたと思ってたいので連絡がないことにショックでしたがここは待つよりも自分からという思いで自分から連絡してみました。
すると普通に向こうからも連絡がありそれからラインでのやり取りをするようになりました。でも今まで付き合ってきた男性や私に好意を寄せる男性とは違い連絡頻度が少なく、もしかして興味ないというか迷惑なのかなとまで思うようになり、そんな迷惑をかけるくらいな自分から連絡を絶ったほうが相手のためかななんて考えたこともありました。
でも彼に惹かれたこの気持ちは偽りなく諦められないって気持ちが膨らみ、切なく彼の気持ちもよくわからないまま連絡だけ続き私の方から会うことも取り付けました。
会ってみると思った以上に話も合うしいいなってやっぱり思えました。すると彼もそう思ってくれたみたいでそれからどんどん連絡が来るようになり彼の方から告白してきてくれて彼氏になってくれました。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です